2019年11月15日金曜日

英語でフランス語を教えます


ラブレフランス教室では、フランス語だけではなく、英語も教えますが、



最近人気がある講座は英語でフランス語を習うレッスンです。


確かに英語ができる人が増えたので、英語でフランス語を習いたい人が増えました。
あなたも英語でフランス語を習いたいならご連絡ください。

ダミアン

ラブレフランス教室

2019年11月11日月曜日

新しいフランス語の教師


今月から新しいフランス語・英語の教師がラブレフランスで働き始めます。

紹介します。

資格:
フランス語の先生の資格(ソルボンヌ大学)+FLE資格
英語の先生の資格

経験:
フランス語教師:3年
英語教師:2年
日本語教師:6ヶ月(外国人に日本語を教えた)
ラテン語教師:6ヶ月(外国人にラテン語を教えた)
翻訳者:日本の漫画をフランス語で翻訳した

外国語力:
英語:上級者
日本語能力試験1級
フランス語:ネイティブ
ラテン語:上級者

日本が大好きでずっと日本で日本人に英語とフランス語を教えたい。

フランス語・英語が話せるようになりたい方、是非ラブレフランス教室の先生のレッスンを受けてみて下さい。

ダミアン

ラブレフランス教室



2019年11月6日水曜日

フランスのクリスマス


もう日本であちこちクリスマスの飾りが始まった(早いね笑)
日本ではただの販売日(理由無しでプレゼントを買う)、祝日じゃないし、あまりロマンチックな雰囲気を感じない。勿論飾りは綺麗ですが...


フランスのクリスマスは最高です。必ず祝日で家族と過ごす日です(日本のお正月みたい)。ゆっくり食べったり飲んだりして、翌朝は目覚めたらクリスマスツリー🎄の下にサンタクロースから貰ったプレゼントを🎁あけます。


外も最高な雰囲気です。飾りも綺麗だし、みんな幸せな顔でゆっくりブラブラしたりします。


フランス語では「クリスマス」は「Noël 」と言います。
「サンタクロース🎅」は「Papa noël」と言います。


フランス旅行・フランス留学・フランス語の短期上達講座
ラブレフランス教室


生徒さんの口コミ




約2年間真面目に頑張ってくれた生徒さんが口コミを書いてくれました。
非常に感動しました。
ありがとうございます😊
彼のフランス語は非常によくてきっとあまり困らないと思います。
そしてこれからフランスで有名なフランス人のシェフと仕事する予定ですので、きっと立派な料理人になると思います。
頑張ってね

下記の文章は彼の口コミ:

私はフランス料理の料理人でフランスで働くために、約2年間フランス語のレッスンをラブレフランスで受けました。

校長のダミアンは"語学は生き物"と表現して"今現在フランスで使われている言葉、話し方"を教えてくれます。
教科書に書いてあるけど使わない言葉、逆に書いていないけど使われている言葉を学ぶことができました。
私は学業のためではなく、現地で働くための語学力・会話力が欲しかったので、このレッスンスタイルはとても良かったです。

そしてこのレッスンスタイルはプライベートレッスンだから可能だったと思います。
学校の試験や仏検などの対策が必要な方はそれにあったレッスンをしてくれるはずです。

私には調理用語や食材の名前、料理人が使うであろうフレーズもレッスンに組み込んでくれました。

また数回レッスンをやるごとに得意不得意を見抜いて、苦手な文法や単語をレッスンで復習したり、宿題のプリントにしてくれたりするので、弱点をなくしてレベルアップを実感できました。

そしてなにより週一の休みで2年間、2時間をレッスンに当てれたのは先生の明るいキャラクター、教室の雰囲気のよさのおかげです。

また帰国したら報告します!
Merci beaucoup !!

2019年11月4日月曜日

日本の観光経済27兆円?



最近日本にいる外国人が増えたね?
日本のデパートの案内所で働いてる生徒さんに言われたけど、
ラグビー、2020年のオリンピックの影響だけではなく、全体的に住んでる外国人も観光客も増えたから英語とフランス語(英語が話せないフランス人が多いみたい)毎日使ってるそうです。
日本政府観光局のサイトで確認したら確かに毎年増えてます。
観光客のお陰で日本の経済もよくなるので、最近日本を素晴らしい観光地という宣伝されていていいと思います。


勿論フランスはまだ世界で一番人気がある観光地ですが、いつか日本もフランスと同じぐらい人気な観光地になったらいいなあ^^

でも日本にこんな外国人が増えたら外国語ができない日本人にとって大変だと思います。
フランス語・英語早く話せるようになりたかったら是非ご連絡ください。

ダミアン

ラブレフランス教室







2019年11月1日金曜日

DELF向けのレッスン


もうすぐDELF「フランス語検定」の日ですね?
DELF A1・B1・C1は明日「11月2日」
DELF A2・B2・C2は明後日「11月3日」
みんな準備ができましたか?

試験の前によく間違ってる所の話しょうと思います。
書き取りに役立つポイント「初級〜中級」

ポイント1:Français / français
国籍の話なら「Français」、言語の話なら「français」形容詞なら「français」
Je suis Français / Je veux apprendre le français. / Les fromages français

ポイント2:fatiguant / fatigant
「fatiguantは現在分詞」・「fatigantは形容詞」なので、似てますが、使い方は違いますので、気をつけて下さい。
例文:C'est fatigant de faire du sport.
例文:C'est en se fatiguant au travail qu'il est tombé malade.

ポイント3:An / Année 
ニュアンスは「An」は「年」・「Annéeは年中」ですが、使い方は決まってるから分かると使いやすくなるかもしれません。
An」はだいたい数字と一緒に使う
例えば:Depuis vingt ans / Il y a dix ans / L'an 2000
Année」はだいたい形容詞と使期間を表す文書と一緒に使う
例えば:Année civile / L’année dernière / L’année de sa naissance

ポイント4:Donne-la-moi / Donne-moi la
命令形の時に、「le,l',la,les」という目的語人称代名詞が出る時に、
「私に」という文章の場合は順番は「動詞・目的語人称代名詞・moi」その間に「ー」「トレ・ドゥニヨン」も必要。
正しい例文:Dis-le-moi・Prêtez-le-moi・ Passe-le-moi
正しくない例文:Dis-moi-le・Prêtez-moi-le ・Passe-moi-le


ポイント5:Des yeux marron / Des yeux marrons
色の中には「形容詞も名詞もあります」
blanc, noir, gris, rose, fauve, mauve, rouge, brun, violet, bleu, jaune, vert, blond, beige, pourpre, écarlate, incarnatは形容詞なので、女性形・複数形にすることができます。
例えば:Un sac blanc / Une maison blanche / des sacs blancs

marron, orange, citron, cerise, paille, noisette, crème, grenat, kaki indigo, ocre, acajou, champagne, marine, turquoise, abricot, pastel, olive, safran, fuchsia, or, brique, bronze... などは色として使う時に色を表す形容詞と同じ使い方ができる名詞ですが、形容詞ではないので、文法のルールが変わります。
複数形や女性形になりません。形が変わりません。

例えば:Un sac marron / Une voiture marron / Des voitures marron

ポイント6:Il est entré dans l’église / Il est rentré dans l’église 
Entré=入る・Rentré=帰る・また入る 

ポイント7:Il faut que je voie ça / Il faut que je voye ça 
会話で「時々書く時も」間違ったりするフランス人が多いのですが、「Voye」という動詞は存在しませんので、気をつけて下さい。

どうでしたか?

仏検対策・DELF対策のレッスンを受けたかったら是非ご連絡ください。
宜しくお願いします。

ダミアン

ラブレフランス教室


2019年10月23日水曜日

2019年度秋季の仏検の申込


2019年度秋季 仏検インターネット申込の受付は

今日の23:59まで、なので、申込を忘れないように気を付けてください。

ラブレフランス教室の生徒さんは

2018年の仏検の合格は100%でした。
今年も期待してます。

まだラブレフランスに通ってない方は仏検対策のレッスンに興味がありましたら是非ご連絡ください。

ダミアン

ラブレフランス教室


2019年10月17日木曜日

フランス旅行に行くなら


フランス旅行と言ったらみんな「パリ」しかイメージしないけど、
私のお父さんはパリ出身なので、勿論パリは素敵な町ですが、
フランスは広くて素敵な場所・街は多いので、長い休みが取れない日本人に合うパリ以外のフランス旅行を紹介します。

行きやすいルートはパリからリヨン街に行ってそこからアルル町向けの電車に乗ったらずっと同じ線だから便利で早くて行ける街を紹介します。

まずリヨン街、世界遺産に登録されたぐらい素敵な町だけではなく美食な町だと言われてます。無計画でもぶらぶらしながらあちこち食べてみてください。


リヨン町


次はオランジュ町、小さい村ですぐ観光が終わるかもしれないけど、そこにローマ劇場があって見に行く価値があると思います。


オランジュのローマ劇場

次はアヴィニョン町、
私は若い時によく遊びに行った町です。
最高に楽しくて綺麗な町、歩くだけで幸せです。
勿論、アヴィニョンと言えば有名な宮殿「アヴィニョン教皇庁」というイメージがしますが、中心街はどこでも綺麗過ぎる。


アヴィニョン教皇庁

最後にアルル町、アルルと言えば「ファン ゴッホ」というイメージがしますが、ローマ時代の影響を非常に感じられる町です。イタリアにいるみたな雰囲気です。
因みにアルルのゴッホ美術館のオーナーは知り合いですので、会ったら「宜しく」と伝えてください。

アルルの円形闘技場

海の方が見たい人なら、違うルートと違うコースが必要ですが、フランスの海町も最高なので、機会があったら海も見に行ってください。

モナコの景色

今紹介したルートは短い休み「6日間」で行ける旅行です。海町に行くとルートは複雑なので、沢山の町に行けるようにもっと長い休みが必要です。

フランスの観光地、名物・穴場・文化・歴史・美術館など詳しく知りたかったら是非ご連絡ください。

ダミアン
ラブレフランス教室

画像著作権所有


2019年10月16日水曜日


フランス旅行・フランス留学に行く生徒さんのため、いつも飛行機のチケットを安く買える方法を教えますので、遠慮なく聞いてください。😃

ダミアン

ラブレフランス教室

2019年10月11日金曜日

2019年のボジョレー・ヌーヴォーパーティ

2019年のボジョレー・ヌーヴォーを楽しみましょう


解禁日2019年11月21日(木)の18:00〜21:00
場所:学校の屋上


興味がありましたらご連絡ください

ダミアン






2019年10月9日水曜日

どうやって早くフランス語が話せる?


こんにちは、
ご無沙汰してます。
フランス語の勉強し始めるとみんな「どうやって早くフランス語が話せる」と考えたりします。
大事なのは、2つのポイントです。

① 実践する時間(50時間?100時間?200時間?)
習うのは大切ですが、会話して実践しないと中々インプットされないので、
早く上達したいなら、習ったことを会話で使う時間を増やす必要がある。

② 勉強の目的・目標にあったレッスンを受けます。
ラブレフランス教室の生徒さんは特に留学に行く生徒さんは短期上達ができる理由はフランス留学向けのレッスンを受けますので、余計なことを習わないお陰で上達が早いです。
あなたに合う目標・目的のレッスンを受けてゴールに行ってから他のことを習うのは効率が良いです。

コースによって6ヶ月・1年で話せるけど、
どこまでペラペラになりたい次第です。

ダミアン



2019年9月30日月曜日

どんなフランス留学?


フランス留学に行く生徒さんは毎年多いのですが、
みんな、勉強の目標・目的は同じではありません。
大体どんな留学が多いかこのブログで説明しょうと思います。

① 一番多いのは語学留学です
「フランスでの授業を理解するため、日本でフランス語の基礎、文法、日常会話の勉強してます」
②ワーキングホリデー
③インターンシップ「パン屋・製菓」
④モード・ファッション・デザイナー・スタイリスト留学
刺繍に興味がある人は大体「エコール・ルサージュ」という有名な学校に行きます。
ファッションなら「エスモード・アンテルナショナル」という学校に行きます。
⑤エステ・ヘア・マイク留学
⑥フロリスト留学「花屋」
⑦アート留学
⑧音楽留学「パリ国立高等音楽院・地方国立音楽院」か「パリ・エコール・ノルマル音楽院」に行くことが多いです。
⑨料理留学「ル・コルドン・ブルー・パリ」、「アンスティテュ・ポール・ボキューズ」、「ルノートル」、エコール・リッツ・エスコフィエ」という学校に行くことが多いです。

留学の相談・留学に行く前のフランス語講座についていつもご相談ください。


ダミアン


ラブレフランス教室


2019年9月26日木曜日

ジャック・シラクが亡くなりました



前フランス大統領のジャック・シラク
Jacques Chirac」が亡くなりました
86歳まで生きてて、12年間フランス大統領でした。
彼は日本が大好きだった。


自分の犬の名前は「sumo」でした笑笑

彼が亡くなってしまって本当に残念です


ダミアン

2019年9月25日水曜日

結婚おめでとうございます



結婚おめでとうございます。
2019年は国際結婚の年です。
なぜなら、今年、フランス人と結婚した生徒さんは6人、そして12月にもう一人結婚する予定です。
日本にいるフランス人が増えたお陰か偶然か分かりませんが、今年国際結婚が多かったです。
みんな、旦那さんの家族や友達とコミュニケーション取るためにフランス語の勉強し始めた。
因みに、ラブレフランス教室はフランス大使館の翻訳学校なので、国際結婚の時に必要な戸籍謄本の翻訳もすぐできました。

ダミアン

ラブレフランス教室


2019年9月19日木曜日

2019年9月18日水曜日

フランスの物価は安い?


フランス旅行、フランス留学する生徒さんの中に知らない人が多いのですが、実はフランスの物価は非常に安いです。
但し、パリ内の店、レストランの値段は高いです。
パリ内は世界遺産の建物が多いせいで人口が増えても建物を増やすことができないため、家賃は非常に高い、普通の町の4、6倍高いですので、パリ内の店の料金も高くなります。
パリから離れたら全てのスーパの料金は安いです。


ラブレフランス教室ではペラペラになるだけではなく、フランスのこともたくさん習いますので、フランス旅行・フランス留学でフランスに行く生徒さんは安く楽しく過ごせます。

プライベートレッスンなので、知りたいことがあったらどんどん聞いてくださいね。

ラブレフランス教室

www.vraiefrance.com




2019年9月6日金曜日

なんでフランス語が話せない?


Bonjour,

時々「フランス語を勉強してもしても中々話せるようにならないなあ」と悩んでる生徒さんはいますが、実は理由は沢山あります




理由
① フランス語の勉強の目標と目的
例えば:A. フランス料理の料理人でフランス留学に行きたい人は余計な単語「例えば:銀河とか」を習うよりもフランス語の基礎を身につけてから仕事で使える会話の練習させた方が上達が早くなる理由は「自分の目的・目標と関係する会話だから覚えたい気持ちが強い」と思うからです。
B. フランス語学留学に行きたい人はフランスでの授業は全部フランス語でフランス語を教えるから、まず授業の内容を理解するための練習が必要です。
結論はあなたの目的・目標に合わせてくれる先生が必要です。

② 焦るから
フランス語教育協会によると、
仏検5級「基礎」:50時間以上の学習が必要そうです。
仏検4級「旅行レベル」:100時間以上の学習が必要そうです。
仏検3級「簡単なコミュニケーション」:200時間以上の学習が必要そうです。
仏検2級「日常会話レベル」:400時間以上の学習が必要そうです。
仏検1級「会社生活レベル」:600時間以上の学習が必要そうです。
勉強し始めたばっかりでしたらペラペラになるまで時間がかかるとわかった方がいいです。
結論は早く話せるようになるため、時間がかかります。

③ 単語の量が多過ぎる

フランス語の勉強し始める時に、沢山の単語を覚えるよりも、役立つ・必要・興味がある単語を覚えてから会話で使って繰り返す。まずそれを忘れたりしてないなら少しつづ単語を増やして行く。例えば:最初は「美味しそう」と「金槌」ならどっち覚えたい?、やっぱり「美味しそう」ですね?
結論:教材を選ぶ時に単語の量が少ない教材から勉強し始めましょう。

④ 長く休む

言語を身に付けるには長く勉強し続ける必要がありますので、まだ初心者なのに、1ヶ月休んだりすると沢山忘れてしまう。
結論:初心者なら最初の1年間は毎週通って1ヶ月以上休まないようにした方がいい。

⑤ 先生が合わない

教え方の問題の時もありますが、時々教え方の問題よりも相性の問題(厳し過ぎる・明るくないとか)。
結論:先生に会いたい、先生のレッスンを受けたいという気持ちは大事です。

⑥ 話さない

フランス語を身に付けたいなら習ったことを会話で使って繰り返す必要がありますので、フランス語の勉強する時に「読む・聞く」という練習しかしないなら永遠に話せるようにならない。
結論:言語に慣れるにはその言語を会話で使う必要がある。

⑦ 落ち込む

外国語を習い始めると「難しい」「やっぱり無理だな」「私は頭が良くないからできない」と思ったりするのは当たり前ですが、今迄出会った生徒さん「3,000人以上」の中で頑張り続けた人はどんな人でもペラペラになりました。
結論:みんな同じで頑張り続けたら話せるようになるはずです


⑧ 勉強する環境が悪い

うるさいカフェで勉強したり、お酒飲みながら外国人と会話したり、冷たい白い部屋、狭い部屋で勉強したりする時は上達は遅くなると言われてますので、落ち着く静かな環境で勉強したほうがいいそうです。
結論:自分が集中ができる環境で勉強しましょう。

⑨ 復習しない

毎週一回しか通わないと色々忘れるね?
復習しても忘れるので、復習しない方が忘れる。
有名な研究によると毎日10分復習するのは効率がいいそうです
結論:週に最低2、3回10分ぐらい復習しましょう。


ダミアン
ラブレフランス教室




本気でフランス語が話せるようになりたいなら15年以上の経験がある先生と体験レッスンを受けてみませんか?

www.vraiefrance.com


このブログの画像の著作権のライセンスを持ってます

2019年8月25日日曜日

フランス人によって話すフランス語は違う?


Bonjour,

昨日私のお母さんから荷物が届いて、中身は美味しいフランスのワンと母の手作りのジャムとこの箱。

ただのビスケットだと思ったら、ちゃんと読んだら「CH'TI」と書いてあった。
「CH'TI」という言葉は北フランスの方言か北フランス人の意味を表す。
北フランス人のフランス語の訛りが強くて方言も多いからフランス人でも全く分からない😅、例えば:早口、sをchと発音することなど。



この箱の中のビスケットの面白い所はビスケットの上に「CH'TI」で文章がかいてあって、裏に普通のフランス語の翻訳書いてある笑 😂


北フランス人のフランス語は分かり辛すぎて、「CH'TI」についてのフランス映画(コメディー)が出た時に大人気でした。もし興味がありましたら是非見てみてください。
題名:「Bienvenue chez les Ch’tis」(Ch’tisの地へようこそ)



ダミアン

ラブレフランス教室
www.vraiefrance.com



2019年8月24日土曜日

リヨン町を紹介します

こんばんは、「Bonsoir」
この間、私の生徒さんは初めてフランスのリヨン町に行ってきました。
すごく楽しかったそうです。💗
私はリヨンで生まれて14歳から南フランスで育ったけど、やっぱりリヨンも南フランスも大好きです。
日本人が知らない料理もたくさんあるしすごく美味しい。
例えばリヨンの名物料理は「クネル」という料理です。知ってますか?
肉・魚などをすりつぶし、卵・パン粉・調味料などを加えて球状や円筒形に形づくり、ゆでたり蒸したりしたものです。
昔リヨンに留学した生徒さんは毎日食べてたらしい😁


もしフランス旅行でリヨンにいく機会がありましたら是非下記の場所に行ってみてくださいね。

① ヴュー・リヨン 

リヨン歴史地区は、フランス南東部、メトロポール・ド・リヨンの県庁所在地リヨン市内西部に位置する。ソーヌ川沿いにある、石畳の街並みの残る旧市街からクロワ・ルースにかけての地区で、1998年12月、ユネスコの世界遺産に登録された。


② リヨンのノートルダム大聖堂

フルヴィエールのノートルダム大聖堂、あるいはフルヴィエール大聖堂は、フランス・リヨンのフルヴィエールの丘にあるバシリカ式教会堂。 献金により、1872年から1896年にかけて、街を見下ろす位置に建てられた。





③ ベルクール広場

ベルクール広場「Place Bellecour」は、フランスのリヨン中心にある大きな広場です。広さは62 000 m2です。






④ リヨン美術館

リヨン美術館は、フランスのリヨンにある美術館である。フランス国内でも規模の大きな美術館のひとつである




⑤ リヨン・サンジャン大教会







⑥  ガロ・ロマン文明博物館







⑦ バルトルディの噴水




ダミアン

ラブレフランス教室