2017年9月20日水曜日

フランスでは英語が禁止?

フランスでは英語が禁止?


フランス語を守るため、昔から外来語がフランス語に入らないように政府が努力してます。

インターネット関係で使われる英語が増えたため、フランスの政府がみんな使ってる英語の単語の代わりのフランス語の単語を考えて作ってます。

さて、最近フランスの政府が作った新しいフランス語を見てみましょう。

フランスでは英語が禁止?


1. ON NE DIT PLUS EMOJI MAIS FRIMOUSSE
外来語(日本語)のエモジの代わりにフリムースというフランス語になりました。

2. ON NE DIT PLUS WEBCAM MAIS CYBERCAMÉRA
英語のウェブカメラの代わりにシーバーカメラという言い方になりました。

3. ON NE DIT PLUS POP-UP MAIS FENÊTRE INTRUSE
英語のポプアップの代わりにフネトル エントルズというフランス語になりました。

4. ON NE DIT PLUS HACKER MAIS FOUINEUR
英語のハッカーの代わりにフーイナーというフランス語になりました。

5. ON NE DIT PLUS SPAM MAIS ARROSAGE
英語のスパムの代わりにアロザジゥというフランス語になりました。

6. ON NE DIT PLUS MAIL MAIS COURRIEL
英語のメールの代わりにクリエルという言い方になりました。

7. ON NE DIT PLUS BUG MAIS BOGUE
英語のバグの代わりにボグというフランス語になりました。

8. ON NE DIT PLUS CHAT MAIS DIALOGUE EN LIGNE
英語のチャットの代わりにディアログ アン リニュというフランス語になりました。

9. ON NE DIT PLUS HASHTAG MAIS MOT-DIÈSE
英語のハッシュタグの代わりにモーディエズというフランス語になりました。

10. ON NE DIT PLUS CLOUD MAIS NUAGE
英語のクラウドの代わりにニュアジュというフランス語になりました。

フランスの政府が急に作った言い方なので、みんな従って使うかどうか分からないけど…
フランス語に英語が入らないように必死だと感じます。

ダミアン
ラブレフランス教室



2017年9月7日木曜日

知らない言語は雑音?



昔からずっと聞く噂があって、
それは「知らない言語をたくさん聞いたら聞き取れるようになる」という噂です。

残念ながら研究結果によると、
知らない言語で話してる3人の動画を観続いても意味がわからないまま…という結果でした。

なんでかというと、知らない言語を聞くと脳が雑音だと勘違いして無視してるそうです。

結局習ったことがある単語と人の会話ではなく、人の行動(手で挨拶した後の単語とか)なら聞き取れるようになりますが、それ以外不可能です。

結論は早く聞き取れるようになりたいなら、聞く単語の意味を習った後、聞いた方が良いです。

ダミアン
ラブレフランス教室



2017年9月1日金曜日

Bonで遊ぼう〜

Bonで遊ぼう〜

日本ではフランス語の「Bon」ってよく店や商品などに書いてあるね?

実は「Bon」の使い方によって意味は全然違うから、一番ややこしいモノかもしれない…

だから久しぶりのミニレッスンしますね

意味 ① 「良い何々を」

「Bonjour・ボンジュール (こんにちは)」って聞いたことがありますか?

「Bon・よい」+「jour・日」

ニュアンス的に「良い日を」です

「Bon」か「Bonne」+ 単語 = 良い何々を

ではやってみましょう

Voyage (旅行) -> Bon voyage
意味: 良い旅行を

Chance (幸運) -> Bonne chance
注意: 英語と同じ綴りだけど、フランス語の意味は「ラッキー」です。
意味:ご幸運を

Courage (勇気) -> Bon courage
直訳: 良い勇気を
意味: 頑張って

Appétit (食欲) -> Bon appétit
直訳: 良い食欲を
意味: 召し上がれ

Anniversaire(誕生日・記念日) -> Bon anniversaire
意味: 誕生日おめでとう


Bonで遊ぼう〜


意味 ② 「美味しい・十分・OK」

C'est bon = 美味しい・十分・OK


意味 ③ 「質が高い」

C'est un bon sac = 良い鞄です (質が高い)


意味 ④ 「上手」

Damien est bon = ダミアンは上手


意味 ⑤ 「いい天気」

Il fait bon = いい天気

意味 ⑥ 「では、さて」


Bon, on y va ? = じゃ、行こうか?さて、行こうか?


意味 ⑦「何々にとっていい」


C'est bon pour damien = ダミアンにとっていい


意味 ⑧ 「そうですか?」


Ah bon ? = そうですか?


それで、簡単な会話しましょう。

Aさん: Bonjour(こんにちは),

ca(これ), c'est bon(美味しい) ?

Bさん: Oui(はい), c'est bon !(美味しい)

Aさん: Ah bon ?(そうですか?)

Bon(さて), au revoir(さよなら)


もちろん、フランス語の文法を習ったことがない人なら上の文章の仕組みはあまり理解ができないと思います。

フランス語のニュアンスや使い方などを身につけたいなら是非体験レッスンを受けてみてください。

ダミアン
ラブレフランス教室
www.vraiefrance.com