2017年10月7日土曜日

ハロウィンは大失敗



ハロウィンは大失敗


世界中の国はハロウィンって祭りは商売的にやった方がいいと思っててやり始めたけど、

フランスでは商売的に大失敗です


全然人気がない笑

フランス人はアメリカの物を受け入れない理由もあるけど、それともう一つの理由があります。

フランスはカトリックの国で、カトリックに対して11月1日は大事な日です。

ハロウィンは大失敗


11月1日はLa Toussaint (諸聖人の日)

ラテン語: Sollemnitas Omnium Sanctorum

英: All Saints' Day

カトリック教会の祝日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日だから、その前の日に10月31日のハロウィンがあることで、ちょっと良くないね?

アメリカにカトリックは少ないからいいけど、フランスはカトリックが多いからハロウィンを反対するに決まってる。

フランスでは店の飾り、パーティなどハロウィンっぽくしても商売的に大失敗です。

フランス人にとって、自分の文化を守るのは誇りに思うということもあります。

ダミアン
ラブレフランス教室
www.vraiefrance.com