2017年4月20日木曜日

グループレッスンの危険さ


グループレッスンの危険さ


外国語を習うならグループレッスンを避けた方が良いです。


もちろん、あなたはペラペラならグループレッスンでもいいと思いますが、初心者で外国語の勉強したらプライベートレッスン(良い先生とね)はお勧めです。


何が違う?何が良い?何が危険?

グループレッスンの危険な点 :


① スピード

外国語の基礎を身に付けるまで、一番時間を掛けて長く練習させないといけないのに、グループレッスンの仕組みで、教科書を早く進まないといけないため、教えるスピードが早すぎます。

数字的にいうと、100時間かけて練習させたらギリギリで身に付ける内容をグループレッスンでは10時間で終わらせてしまうからインプットされないはずです。

簡単にいうと、理論を教えても実践させないと意味がない

基礎は一番大事、分からないと単語をどんどん覚えてもちゃんと話せるようにならない。


② 身に付けるまで遅くなる

外国語は話すことで身に付けるので、10人のグループだと一回のレッスンで5分しか話せない(グループレッスンによって話すこともない)


プライベートレッスンで1年で身に付ける内容はグループレッスンで10年かかると言われてます。

③ あなたに興味がない

あなたの勉強の目的・目標に合わせてくれないから、自分に興味がないものをたくさん習うことでヤル気がなくなります。

私も日本語の勉強してた時に、

涅槃(ねはん)

按摩(あんま)

という日本語を習ったけど、使えないから覚える意味があったかな?もっと役立つことを知りたかった。

④ 気を使う

みんな分かるのに、自分だけ分からないと中々「わからない」と言えないから、わからないことが増えてしまう。

だから、外国語を習うならグループレッスンは危険です

グループレッスンの危険さ

プライベートレッスンの良い所は?

グループレッスンの危険さ


① 短期上達しやい、覚えやすい

② 間違えられても恥ずかしくないから話しやすい。

③ 好きな練習できる

④ 自分のペースで学べる

⑤ 好きな質問できる

⑥ 一対一だからもっと話せる

フランス語の勉強の楽しさを知りたいなら是非ラブレフランス教室のレッスンを受けてみてください。

ダミアン
ラブレフランス教室
www.vraiefrance.com